エステ

フェイスマッサージで注意すること

フェイスマッサージをするときに、顔を触るのは当然です。
この時に注意したいのが、何もつけていない状態ではしないということです。
エステなどでマッサージをする時には、◯◯オイルなどを使用していますとありますが、これには意味があります。
フェイスマッサージをする目的として、リンパの流れを良くする、血行を良くすることで、肌をキレイにしたいから行うことが多いです。
どうしてオイルやマッサージのためのクリームが必要かというと、肌を傷めるからです。
あまり気にしない方も多いですが、普段のスキンケアに関しても、何もつけていない肌に直接指が触れると、刺激が強すぎると言われています。
それがマッサージで、刺激の度合いも大きくなると、肌が強い刺激を受けてしまうことになります。
オイルなどで、指と顔の肌が直接触れないようにすることで、肌を傷めることがなくなるとされています。
ですから、必ず顔に何かを付けた状態でマッサージをすることが大切になります。
テレビなどを見ていて、マッサージの紹介をされている時に、何気なく真似して行うことも多いですが、この時真剣にマッサージを行いたい時には、オイルなどを用意することをオススメします。
そうしたことを気にすることで、よりフェイスマッサージの効果が高まります。
恵比寿のマッサージサロン<こり・トリ>

 

また、滑りが良くなる事で、余計な力を入れずにマッサージをすることができるのもメリットです。
その時に肌に良い成分が含まれているものを使用することで、より輝きを増すことは言うまでもありません。