エステ

エステ・エステティシャンの役割

 


医療関係系エステティシャンの知識を持つ者は、病院、医療行為、またはどんなヘルスケア施設に行っても雇われるかもしれません。
一番多い職場は、形成外科医と皮膚科医のアシスタントオフィスで顧客の自然な美容作りの為にエステティシャンが雇われる事が一般的です。
エステティシャンの職自体は自営業に属します。しかしながら、自営業のエステティシャンでも、初期医療としていくつかの皮膚に対する知識を身につけています。
それは、化粧品関連やスパによる心身のリラックスだけに留まるだけでなく、エステティシャンが、安全な美容サービスと美容作りとを顧客に対して提供出来るからなのです。
そして、お客様に長い期間提供し続ける事でお客様に対して、便利さと安心感をもたらす事に繋がります。収入を上げる事でより良い環境をお客様に提供する事も可能になります。
エステティシャンは色々なサービスとスキンケアの手順をお客様に提供が出来ます。
一般的にエステティシャンはお客様に予約をとってもらって、一対一で、直接お客様に会ってその方の肌質のデーターに基づき、その方の肌質に合わせたスキンケアの必要性とスキンケアの手法を相談しながら行っていきます。
お客様はエステティシャンにその事を教わる事で毎日の良い肌への配慮の習慣が身に付き、健康的な肌で毎日を送る事が出来ます。
エステつまりエステティシャンの役割は、肌への健康の為にある大切なアドバイザーなのです。