エステ

エステに関する職の種類

エステを学んでいる何人かの学生の中には、勉強終了後に皮膚科医のアシスタントの職業を選択する人、又それに近い医療機関系エステサロンで働く職業を選ぶ人が居ます。
つまり「医学の美学」を勉強する人となります。それは、「医学の美学者」とも言われます。
それは、機械等を使用して、体の油分の補給の為の「つや出し」を行う時、体の各部分における「脱毛」の処理等は皮膚医療と深く関わってくるからなのです。
エステの「美意識」を勉強する事と共に皮膚の医療を勉強する事で「脱毛」の時、皮膚に支障が出ない様にする様、医学的に防止又は処理を行います。そしてその上にスパのサービスを行う、この二つの事が出来るからなのです。
又、医療機関系のエステサロンで働く職業を選ぶ人は、マイクロダーマブレイジョン,クリスタルピーリングという微粒子のクリスタルを使って肌表面の古い角質を取り除く事と、「永久脱毛」等のエステサロンで行われているものをより徹底的な処理を行う事、及びアロマテラピー等ヒーリングに関するものを行うこの三つの事が出来るからなのです。
そして、それは非常に専門的な分野の領域になります。
それは、美容に関心のある人達を多く集める事が出来ます。
エステ学を学ぶ学生の中で、美容師、メーキャップ・アーティストになりたがっていない人々にとって、皮膚医療関係、医療機関系のエステサロンの職を選択する学生はその事に興味を持つからなのです。